確定申告はなぜ必要か

投資家・ファンド会社以外に、個人でもFX(外国為替取引)を行う人が増えて来ました。

しかしFXで利益を上げた際には確定申告を行わなければなりません。

申告漏れの場合税務署による税務調査によって申告すべき所得金についての通告が渡され、悪質な脱税になると実刑、罰金などの判決が言い渡されます。

そのためきちんと確定申告は行わなければなりません。

FXによって利益を得た場合、確定申告が必要になるのは為替差益から手数料などを差し引いた額が年間で20万円以上の場合となっています。

それ以下の場合でも給与所得以外の所得合計額が20万円を超える場合や、年間給与収入が2,000万円を超える場合など一定の条件によっては確定申告を行うことが義務付けられています。

その他源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受け取った人なども確定申告が必要になります。

ただし医療費などで多額の支出を行った場合は、確定申告後に還付金が発生するケースもあります。

納税は国民の義務であるため、きちんと利益が出た場合は確定申告をしましょう。